生活情報

生クリームとホイップの違いを知って上手に使い分け!

更新日:

生クリームとホイップの違いをご存知ですか?

 

よく似ているので混同しがちなんですが、じつは全く異なるものなんです。

そこで今回は生クリームとホイップの違いについてお話したいと思います。違いを知れば料理やお菓子作りが楽しくなりますよ。

どうぞ最後までお付き合い下さいね。

スポンサーリンク

 

生クリームとホイップの違いは?

 

生クリームとホイップの違いはその成分によって分けられます。

それぞれどういうものなのか見ていくことにしましょう。

見た目も味も似ているんですが、根本的に違うものなんですよ。

 

生クリームは?

 

生クリームは乳脂肪のみを使用したクリームです。

乳脂肪分が18%以上、使われていなければ「生クリーム」と表記することは出来ません。

つまり動物性のものだということです。乳脂肪はもちろん乳牛由来です。

ホイップは?

 

一方、ホイップは植物性脂肪を主な原料にしたクリームです。

生クリームの代用品として開発されました。ちょうどバターとマーガリンのような関係なんです。

ですから生クリームよりも価格が安く、生クリームが200ml:350円なのに対して、ホイップは150円程で買うことが出来ます。半分以下の値段ですね。

 

泡立て方から見る生クリームとホイップの違い

 

生クリームを泡立てると粘り気があるので角がしっかり立ちます。

色も少し黄色みがかっているのが特徴です。

 

ホイップクリームを泡立てると粘り気が少ないので角は寝てしまいます。

色も真っ白で見た目からも判断可能です。

もちろん泡立て具合によっても異なりますが、ホイップクリームをいくら泡立てても、生クリームのような腰の強さは出ません。

 

手間の掛かり方

 

手間については大きく変わるところはないでしょう。動物性なのか植物性なのかの違いだけですから。

 

ただ生クリームは足が早いので注意してください。

賞味期限は10日前後です。開封後は3~4日以内に使い切らねばなりません。

 

一方、ホイップクリームは未開封なら、1ヶ月以上大丈夫です。開封後も1週間は持ちます。

 

早く使い切らないといけないという点から見ると、生クリームの方が手間といえば手間かも知れません。

 

泡立てにかかる時間

 

泡立てにかかる時間は双方変わりがないと思います。

ただしホイップクリームは、いくら泡立てても生クリームのようなコシは出ません。

生クリームは泡立てすぎると、まるでバターのようになってしまいます。8分立てくらいに留めておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

 

生クリームとホイップに向いているお菓子・料理は?

 

生クリームは味が濃く牛乳由来なので乳製品独特の香りがします。

ホイップクリームはあっさりしていて香りも強くありません。ですからそれぞれ向いているお菓子や料理があります。

 

それから生クリームはコレステロール値が高いことも覚えておきましょう。

生クリームは100gあたり120mgもコレステロールが含まれています。対してホイップクリームは100gあたり4mgしかコレステロールを含んでいません。

 

ですからコレステロールが気になる方は、ホイップクリームの方が体にいいと思います。

ちなみにカロリーは両者とも変わりがなく、生クリームは100gあたり433kcal、ホイップクリームの方は402kcalとなっています。

 

結局

お菓子作りではどちらも大差ない。

味、本物志向なら生クリーム

健康、経済性重視ならホイップ

ということですね。このように上手に使い分けできますね。

では次に生クリームとホイップで作るお菓子を紹介します。

 

生クリームで作るお菓子・料理

https://twitter.com/H_yu1oshi_bread/status/1108325854222807040

バターチキンカレーには生クリームのほうがトッピングとしては本格的でおいしいと思います。カレーの中の白色なものが生クリームです。

https://twitter.com/love_gurume_0/status/1108478410500829184

 

ホイップで作るお菓子

https://twitter.com/yuki_7888/status/1077602981405736962

https://twitter.com/dollhanyu/status/1067969406339170304

 

まとめ

 

  • 生クリームとホイップクリームの違いは成分。生クリームは乳脂肪。ホイップクリームは植物性脂肪。
  • 生クリームは泡立てると粘り気があるので角がしっかり立つ。ホイップクリームはあっさりしているので角は立たず寝てしまう。
  • 生クリームは足が早いので注意が必要。ホイップクリームは保管が効く。
  • 泡立てる時間については差はない。ただしホイップクリームをいくら泡立てても、生クリームのような腰は出ない。
  • お菓子作りではどちらも大差ない。
  • 味、本物志向なら生クリーム。健康、経済性重視ならホイップ。というように上手に使い分けしましょう。

 

以上、生クリームとホイップクリームの違いについて見てきました。

似ているようでいろいろ違いがあるものなんです。

違いを理解した上で料理やお菓子に使えばより楽しいですね。

スポンサーリンク

-生活情報

Copyright© middle time ! , 2020 All Rights Reserved.