生活情報

宝くじが当たる人の星座・イニシャル・連番・バラなど徹底調査!これであなたも当たるハズ!?

更新日:

日本では古くは江戸時代から神社や寺が修繕費を賄う目的で「富籤(とみくじ)」が発行されていました。

また日中戦争の戦費を調達するために「福券」や「勝札」が発行されたこともあります。

現在の宝くじは1948年に制定された「当せん金付証票法」に基づき、銀行が業務を受諾する形で販売されるようになっています。

現在の賞金の最高額は「年末ジャンボ宝くじ」の一等7億円・前後賞各1億5000万円で、連番で当たれば賞金は10億円となります。

それにしても10億円ですか。年収1千万の生活が100年出来ますね…。

ぜひとも当選したいものですが、何かコツのようなものはあるんでしょうか。

そこで今回は宝くじについて徹底的に調べてみました。

当たる人には共通点があるのかや、連番・バラといった買い方の違い、あるいはツイてる星座や名前などなど。

最後までお読みになれば当選するハズ(?)です!

スポンサーリンク

宝くじが当たる人はこんな人

宝くじの公式サイトには1000万円以上の高額当選者の共通点について記してあります。

年齢

それによれば男女ともに年齢は60歳以上がトップで、次に50歳以上、ついで40歳以上と続きます。

血液型

血液型はA型がトップで次がO型となっています。

職業

職業は男女ともに会社員が最も多く、ついで無職、自営業の順になっています。

購入歴

宝くじの購入歴については男女ともに「10年以上」の人が71%と断然多くトップとなっています。

購入頻度

購入頻度はジャンボのみを買っている人が41%と最も多く、2位の「年数回」が24%で続いており、この2つを合わせると全体の60%以上となっています。

星座

平成29年度の調査によると、この年もっともラッキーだった星座は「ふたご座」で、全体の9%で第1位でした。

第2位は「蠍座」、

第3位は「水瓶座」と続きます。

一方でもっともアンラッキーだった星座は「獅子座」と「天秤座」だそうです。

ただ星座については毎年の調査で変わりますから、あまり気にすることもないでしょう。

イニシャル

どんな名前の人が宝くじに当たるんでしょう。

調査によると男性の1位は「T.K」さんで、女性の1位は「M.K」さんだそうです。以下、3位まではこの様になっています。

・男性

 1位 T.K
 2位 K.T
 3位 T.S

・女性
 
 1位 M.K
 2位 Y.K
 3位 M.S/K.K

※イニシャルは「名前・姓」の順

こうしてみると「K」さんが強いですねえ。加藤さん、加山さん、加瀬さんといった名字に変えたくなります。

買い方:連番かバラか

1等・前後賞あわせてゲットしたければ連番になりますが、高額当選者の人はどんな買い方をしているのでしょう。

じつは高額当選者の人は連番もバラも両方買うんだそうです。

そしてその割合にこだわりを持つ人が多いんだとか。当たる人はいろいろ工夫しているんですね…。

その他の特徴

高額当選者の多くがいつも決まった売り場で買っているそうです。

買うタイミングは「出かけたついで」がもっとも多いので、購入目的で出かけるわけではないようですね。

他には「良いことがあった時に購入する」人が多く、「お参りに行く」という人もいるようです。

宝くじの保管場所は「神棚・仏壇」がもっとも多く24.3%、次に「机の中」の23.3%が続きます。

何枚買う?

高額当選者の人は一体何枚の宝くじを買うのでしょうか。

調査によると男性は「30枚」が最多の21.9%、女性は「10枚」が25.7%で最多となっています。

賞金が高額の「ジャンボ」のみを買っている人も多いようですね。

・購入枚数

・男性

1位 30枚    21.9%
2位 100枚以上 14.0%
3位 10枚 13.9%

・女性

1位 10枚    25.7%
2位 30枚    22.7%
3位 20枚~29枚 14.4%

スポンサーリンク

 

当たる前兆とは?

当選した人に聞くと大抵は「前兆のような事があった」と答えるそうです。それは例えばこんな事なんだとか。

・宝くじを買う前に順番を抜かされた
・宝くじが当たる夢を見た
・靴ひもが切れた


・星占いで運勢がよかった
・普段通らない道に宝くじ売り場があったから買ってみた
・恋人に振られた
・先祖の夢を見た
・お金がたくさんある夢を見た
・鳩にフンを落とされた
・流れ星を見た
・白い鳩がベランダに来た

「夢を見た」人が多いんですね。「靴紐」も聞いたことがあります。「鳩のフン」は運が付いたということでしょうか。

めでたく当たった場合に気を付けること

高額当選した場合、気を付けなければならない事がいくつかあります。

まず税金ですが宝くじにはかかりません。これは安心して下さい。当然ですが税務申告の必要もありません。

ただ、億単位のお金が入ることで気が大きくなり「そうだ、両親に1千万円づつお小遣いをあげよう!」というのは待って下さいね。

宝くじの当選金には税金はかかりませんが、贈与税となると話は別になるんです。

贈与税は年間110万円までは無税ですが、それ以上の場合はかかります。そして贈与を受けた側が払うことになります。つまり母親に贈った1千万円の贈与税を払うのは母親になるんです。

贈与税は税率が高くほぼ半額を税金に取られることになります。

ですから親孝行をするなら豪華なディナーをご馳走したり、海外旅行に招待するといった形にするのがいいでしょう。

あ、それから銀行でお金を受け取る際には「当選証明書」を発行してもらいましょう。

税務署と何かあった場合には証明書を見せることで解決します。

当選金は「無利息口座」を作って全額入れておきましょう。その名の通り無利息ですが、そのかわり預金は全額保護されます。

終わりに

いかがでしょうか。参考になりましたか。あなたはいくつ当てはまったでしょうか。

どうやら継続は力なりのようですね。

当てるためには10年は買い続けないといけないようです。

今年は年末ジャンボを買いに行くことにしましょうか。

おっと、その前にいい夢を見ないといけませんね。

スポンサーリンク

-生活情報

Copyright© middle time ! , 2020 All Rights Reserved.