季節の出来事

クリスマスチキンはケンタッキーかモスバーガーか?比較検討してみた。

投稿日:

毎年クリスマスシーズンになるとチキンが食べたくなりますよね。

私はなんとなくケンタッキーばかりを買っていました。

でも最近気になるフライドチキンがあるんです。

それはモスバーガーのモスチキン!あっさり味で衣がサクサクなんだそうです。

そこで今回はクリスマスチキンについて調べることにしました。

ケンタッキーがいいのかモスチキンがいいのか、迷っている方はぜひ最後までお読み下さい。

スポンサーリンク

クリスマスチキンにはケンタッキーかモスバーガーか?

以前はクリスマスチキンと言えばケンタッキー一色でした。

ですが最近ではコンビニなども力を入れ始めています。

ケンタッキーから見ればコンペティターが増えた形ですが、中でも最大のライバルなのは、やはりモスバーガーでしょう。

こってりしたケンタッキーに対してあっさりしたモスバーガー。

クリスマスチキンの覇権争いはお互い譲れないところでしょう。

ケンタッキーのクリスマス商品

2018年のクリスマスメニューはまだ発表されていないので2017年の商品を紹介します。

A:パーティバーレル オリジナル 価格4,000円(税込)

引用元:http://japan.kfc.co.jp

・オリジナルチキン 8個
・クリスマスサラダ
・グラサージュショコラ
・クリスマス絵皿

チキンにサラダ、そしてデザートのチョコレートケーキまでついています。

 

B:パーティバーレル バラエティ 価格4,000円(税込)

引用元:https://japan.kfc.co.jp

・オリジナルチキン 4個
・チキンテンダー 5本
・クリスマスサラダ
・グラサージュショコラケーキ
・クリスマス絵皿

パーティバーレル オリジナルのチキン8個を、オリジナルチキン4個とチキンテンダー5本に替えたものです。

 

C:パーティバーレル デラックス 価格5,000円(税込)

引用元:https://japan.kfc.co.jp

・オリジナルチキン 4個
・五穀味鶏ローストレッグ
・生ハムのせデラックスサラダ
・トリプルベリーのティラミス
・クリスマス絵皿

オリジナルチキンに加えてローストレッグまでついた豪華版です。サラダも生ハムが乗せてあるなどゴージャスな内容となっています。

 

D:クリスマスSパック 価格2,800円(税込)

引用元:https://japan.kfc.co.jp

・オリジナルチキン 5個
・チキンテンダー 4本
・ナゲット 10個

2~3人くらいならこれで十分な内容です。

 

E:クリスマスAパック 価格3,900円(税込)

引用元:http://trendy-na.com/cooking/kfc-christmas-2016/

・オリジナルチキン 5個
・チキンテンダー 4本
・ナゲット 10個
・バーベキューチキン 2個

クリスマスSパックにバーベキューチキンを加えた内容となっています。3~4人向けですね。

 

F:クリスマス ペアパック 価格2,400円(税込)

引用元:http://trendy-na.com/cooking/kfc-christmas-2016/

・オリジナルチキン 2個
・チキンテンダー 4本
・ナゲット 5個
・バーベキューチキン 1個

カップル向けの商品です。

 

G:クリスマスBパック 価格2,900円(税込)

引用元:http://trendy-na.com/cooking/kfc-christmas-2016/

・チキンテンダー 4本
・ナゲット 10個
・バーベキューチキン 2個

クリスマスAパックからオリジナルチキンを除いた内容となっています。

予約はネットと店頭で受け付けています。ネットの場合はケンタッキーのサイトで会員になる必要があります。

 

スポンサーリンク

モスバーガーのクリスマス商品

モスバーガーはケンタッキーとは違い、特にクリスマス商品を販売することはありません。

したがって紹介する商品はすべて通年購入できるものです。

でもクリスマスシーズンには予約特典があり、予約をすると100円のクーポン券が付いてきます。

A:モスチキンパック(5本入り) 価格1,350円(税込)

引用元:https://www.mos.jp/menu/detail/220006/7/

シンプルなモスチキン5本セットです。

 

B:モスチキンパック(10本入り) 価格2,700円(税込)

引用元:https://www.mos.jp/menu/detail/220007/7/

こちらは10本セットです。

 

C:バラエティパックA 価格1,000円(税込)

引用元:https://www.mos.jp/menu/detail/211940/7/

・フレンチフライドポテト Lサイズ 2個
・オニオンフライ 2個

フライドポテトとオニオンフライのセットです。サイドメニューとしてどうぞ。

 

D:バラエティパックB 価格1,440円(税込)

引用元:https://www.mos.jp/menu/detail/211941/7/

・フレンチフライドポテト Lサイズ 2個
・オニオンフライ 1個
・チキンナゲット 10個
・ナゲットソース 2個

ソースが2種類あるのはうれしいですね。

 

E:バラエティパックC 価格1,280円(税込)

引用元:https://www.mos.jp/menu/detail/211945/7/

・フレンチフライドポテト Lサイズ 2個
・オニオンフライ 1個
・モスチキン 2本

シンプルながらすべて入ったセットとなります。

 

ケンタッキーの方が美味しいという意見を紹介

 

・味が濃い。ペッパーがスパイシーでいい。

・ボリュームがありチキンを食べた感がする。

・肉がとてもジューシー。

・どんな形状のチキンが入っているのか開けてみないと分からない。でもそこが楽しい。

 

モスバーガーの方が美味しいという意見を紹介

 

・衣がサクサク。

・感じが竜田揚げに似ている。和風の味付けがおいしい。

・味はしっかりついてるけど、お肉はさっぱりしていていい。

・骨付きだけど食べやすい。

 

添加物や肉の生産地、作り方は?

ケンタッキーのオリジナルチキンで使用している鶏肉は国内産のハーブ鶏です。

添加物は調味料(アミノ酸)と、着色料(パプリカ、リボフラビン)を使用しているそうです。

モスバーガーのモスチキンは中国産の鶏肉を使用しています。添加物については残念ながらわかりませんでした。

作り方ですがケンタッキーは各店舗で調理をしています。

ケンタッキーの公式サイトによると「生のチキンを1ピースずつ丁寧に検品し、卵とミルクのつなぎ液をくぐらせ、11種類のハーブ&スパイスを入れたフラワー(粉)をまぶし、圧力釜を使って、最高185℃の高温で約15分間揚げます」としています。

モスバーガーのモスチキンは、店頭で冷凍のモスチキンが買えることからもわかる通り、調理は工場で行われています。

店内では油で揚げるという最終工程のみを行っています。

結局どっち?

フライドチキンの国内シェアのじつに80%がケンタッキーフライドチキンです。

一方、モスバーガーはハンバーガー業界で25%のシェアだそうです。チキンはサイドメニューですから、比率はさらに下がるでしょう。

あっさりした味がお好みの方はモスバーガーを、お肉がジューシーで濃い味がお好みの方はケンタッキーがいいんじゃないでしょうか。

最後はお好みですね。

終わりに

いかがでしたでしょうか。

これで決められると思います。

ただ、クリスマスシーズンは両社ともにハイシーズンとなりますから、事前の予約は必至です。

ケンタッキーの場合は、10月末から予約を受け付けますから、早めに予約を入れておいた方がいいですよ。

モスバーガーはクリスマス商品はありませんが、クリスマス・イブだとお店が混んだりチキンが売り切れになるかも知れません。

やはり予約を入れた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

-季節の出来事

Copyright© middle time ! , 2020 All Rights Reserved.